小柳まさやの思い

20年間金融業界に身を置いて来ました。
長い間、金融の世界から政治を眺めてきて、企業の経営と国の経営は似ているなと感じています。企業経営はシビアです。トップの判断ミスや、意思決定のスピードの遅さが命取りになりかねません。マーケットからノーを突きつけられ、すぐさま経営が悪化し株価下落です。 現在の日本の国政や地方自治体は、既存のビジネスモデル、過去の成功体験を引きずっているのです。そして、経営がピンチな局面では度重なる判断ミスで傷口を広げ、もう、ニッチもサッチも行かなくなるほど、財務体質は悪化しているのです。それが、現在のこの国の現状であり、それは中央も地方も同様です!
まずは小さい規模の会社、すなわち地方自治のビジネスモデルを新しくする事から始めよう!

小柳まさや

小柳まさやの基本政策

安心できる行政運営と財政再建イメージ画像
安心できる行政運営と財政再建
人口減社会を直視し、限られた予算の中で予算編成を行うべきです。収入減をいかに補うかを今後数10年のスパンで考えていかねばなりません。 右肩上がりの経済成長を前提として考えられた社会システムを変え、低成長経済でも持続的な行政・財政運営を行うための新しい仕組みの構築を急ぐべきと考えます。
安心できる子育てと教育イメージ画像
安心できる子育てと教育
民設・民営の幼稚園を作っても、次々に新しい子育て世代が増え、待機児童がゼロにならないのが現状です。待機児童をなくすための政策を続け、区立と私立幼稚園のバランスのとれた運営サポートが必要です。
安心できる福祉と介護イメージ画像
安心できる福祉と介護
来るべく高齢化社会を迎える現実に、目を背けてはなりません。今後は介護する側より介護される高齢者の人数が着実に増加します。シルバー世代の不安を少しでも減らすよう、いつまでも元気で健康な自立したおじいしゃん、おばあちゃんをサポートする政策を目指します!
安心できる地域社会イメージ画像
安心できる地域社会
より住みやすい街・渋谷にするため、小さなことでもご相談ください。
小さい子からシルバー世代まで、安心して過ごせる街づくりを目指し、公共施設や道路など、街のバリアフリー化に取り組みます。
安心・安全防災の街、渋谷イメージ画像
安心・安全防災の街、渋谷
いざという時に最も頼りになるのは「ご近所さん」です。
「自助・公助・近所」の精神を浸透させる地域社会づくりを目指します!